MIZE CLUB JAPAN

長期型投資で将来の不安を払拭し、夢のある未来へ!

パワーマイン第二章の始まり

パワーマインの新しい章が始まりました。 2月にスタートしたパワーマインのBHFトークン・パッケージ(アセットバック・トークン)は、ブルーヒル財団によって資金調達戦略として作られたブルーヒル鉱業への投資の入り口です。

期間限定特別価格でブルーヒル財団のPRE-STOに参加することができます。

ブルーヒル財団がプレSTOを完了した時点でBHFトークンが受け取られ、これらはBHMトークンと1:1で交換されます。

限定サービス

パワーマインの大きな特徴の1つは、マイズネットワークのメンバー限定で特別価格で購入可能なことです。 パッケージの販売期間はPRE-STOの終わる8月31日までで、BHFトークンの上限は1億4000万トークンです。

1 Powemine = 1 BHF-TokenのPRE-STOに参加することでパワーマインを介しての1BHFトークンの価格は0.055~0.08ドルです。 STOが開始すると、BHMトークンに交換され、0.14ドルになります。 その後の小売価格は0.45ドルとなり、最終的に30ドルで買い戻しプランにより売却できます。


概要

ブルーヒル財団はブルーヒル鉱業の24%の共同所有者です(コンセッション番号14307Xおよび14308X)。 ブルーヒル鉱業は、ロシアと中国の2つの産業大手の間のモンゴルに位置し、アジアで最大の銅埋蔵量の1つを持つと予測されています。 それはモナコ公国の規模の70倍の大規模な採掘作業です。ブルーヒル鉱業では、8年以上にわたる地質計画が実施されており、その結果、表面積のわずか10%に大量の銅、ニッケル、コバルト、および金が存在することがわかりました。 残りの90%の表面積では、イッテルビウム、イットリウム、タングステンを含む追加の資源が見つかっています。

私たちの目的

ブルーヒル財団は、優遇価格でブルーヒル鉱業のSTO投資へ参加できる入り口です。 ブルーヒル財団は、鉱山を現在の状態から国際基準まで引き上げるために、ブルーヒル鉱業の鉱山の一部を売却する予定です。

 最終目標は、トロント証券取引所にブルーヒル鉱業を上場することです。 透明なブロックチェーン技術を駆使し、利益を巨大な機関投資家だけではなく、トークン保有者の手に委ねることができます。

BHFトークンは1億4,000万トークンに制限されており、ブルーヒル鉱業プロジェクトの売出しを担当しています。 このオファーはブルーヒル鉱業のSTOの立ち上げで終了します。

BHMトークンの価値が$30に達しない場合はどうなりますか?

>ブルーヒル鉱業は、BHMトークンの価値を着実に上昇させることを約束します。ブルーヒル・プラットフォームおよび市場での原材料の販売からの利益の一部は、ブルーヒル鉱業と同様の鉱山開発のための追加プロジェクト及びポートフォリオの継続的な拡大に向けられます。これによりBHMトークンはスケーラブルな投資となり、着実に価格が上昇します。

したがって、BHMトークンの基本値が30ドルに達するのは時間の問題です。トークンがこの値に達するのを待てないBHMトークンの所有者は、暗号通貨取引所に上場後はいつでも自分のトークンを売却してプロジェクトを終了できます。

BHMトークンの価値は、2022年第2四半期以降、「ビッグ4会計事務所」(PWC、KPMG、EY、またはDeloitte)として知られる大手監査会社の1つによって検証および確認されます。

BHMトークンの基本的な価値に関する情報は、四半期ごとに当社のウェブサイトhttps://www.bluehillmining.comに表示されます。


ブルーヒル鉱業の目的

ブルーヒル鉱業は、スイス連邦政府が51%の株を保有するスイスコムのブロックチェーンによってサポートされ、スイスで規制されているSecurity Token Offering(STO)企業です。 

目的は、金、銅、コバルトなどを抽出するための鉱山地を検証し、追跡可能な商品のためのブロックチェーンベースの取引プラットフォームである「ブルーヒル鉱業プラットフォーム」(B.H.Platform)を開発することです。

私たちのテクノロジー

ブルーヒル鉱業プラットフォームは、鉱山会社、製錬所、物流会社、銀行、および多国籍企業を結ぶピアツーピアサービスを開発するためにブロックチェーン技術を実装します。 

ブルーヒル鉱業は、このプラットフォームを2017年の年間売上高約2,200億ドルと340億ドルに相当するGlencoreとValeの2つの巨大企業に匹敵するものにするつもりです。 原料が採掘された場所とそれらがどのように輸送されたかを示すことによって、原材料と濃縮物を交換します。


パワーマイン:ブルーヒル鉱業プロジェクト

ブルーヒル鉱業は、採掘権番号14307X,14308Xの本格的な採鉱プロジェクトであり、アジアで最大の銅埋蔵量があると予測されています。その総面積はリヒテンシュタイン全土とほぼ同じサイズです。

トークン代金の支払い及び報酬の受け取りは全てビットコインになります。まだビットコインウォレットをお持ちでない方はこちらがお勧めです。⬇︎⬇︎⬇︎


マイズ・ネットワークCEO アドリアン・ジャグジーからのメッセージ

私たちのプロジェクトに参加したいと思っていただいている全ての日本の方々にメッセージを送ります。

私は日本の文化を愛しています。それは、日々の生活の中で日本人が多く使う言葉にあります。

その言葉はKAIZENであり、マイズ・ネットワークにはその哲学が込められています。 KAI =変化、ZEN =進歩

目標を達成するには連続的な変化を進めることです。通常ほとんどの西洋人はそのような考え方でそれほどの大きな目標を設定しません。

カイゼンは私たちに毎日少しずつ好転し変わっていくことを勧めます。

日々の努力と小さな行動は大きな変化となります。

日本人は職場で、社会で、自宅と生活様式でそれを実践し、またそれは日本の競争力の鍵となりました。

マイズ・ネットワークは、この哲学を採用しているので私たちは偉大なライフプロジェクトを構築するために日々改善することができます。

仮想通貨とブロックチェーン技術には大きな傾向性があります。

さあ、あなた自身を最大化しましょう。

[マイズ・ネットワークにユーザー登録される方は規約と条件個人情報保護方針をお読みください]