ブロックチェーンとは

ブロックチェーンの仕組み

あなたは選挙で投票した時に、その一票が本当に数えられているのか心配したことはありませんか?

インターネットで誰かに初めて出会った時にどうやってその人のことを確かめていますか?

国際フェアトレード認証と書いてあるコーヒー豆を買う時に、原産地での正しい取り扱いを保証するものは何でしょうか?

こういった疑問を本当に確かめるためには、事実を記録し、誰でも検証することができてその正確さが保証される仕組みが必要です。

そしてこの仕組みを使う誰もが直接検証できることによって、嘘のデータを書いてこの仕組みを騙すことは誰にもできなくなります。

「ブロックチェーン」と呼ばれるこのソフトウェアの仕組みは実用化に向けて実験研究されています。

ブロックチェーンは分散した世界中のパソコン同士がネットワークに情報を記録します。

これは特定の企業や人々がこの仕組みを独占するのではなく誰でも自分で運用して使うことができるということです。

誰もこのネットワークの仕組みを止めたり悪用することができない、ということがとても大切です。

このシステムの運用をするには、他のユーザーの人々の「ブロック」の履歴が繋がった「チェーン」を使います。

ブロックチェーンに記録された情報は、誰も偽造したり改変できないようにするため数学的に証明された暗号を使います。

ブロックチェーンを知らない人でも誰にでも送金することができるブロックチェーンの最初のキラーアプリであるデジタル通貨のビットコイン事は聞いたことがあるでしょう。

ビットコインは銀行や中間取引業者などを一切使わない事がクレジットカードやPayPalと異なる点です。

そしてその代わりに世界中の人々が自分のパソコンを使って、わずかな手数料と引き換えに送金が正しく行われるようにサポートしています。

現実社会でも起こりうる通貨の偽造を防ぐために、ビットコインではブロックチェーンを使って全ての取引と持ち主の記録を取り続けることによって、1人の持ち主が1つの目的のためにだけ使用する事ができます。

ビットコインはブロックチェーン技術の入り口にすぎません。

近い将来ブロックチェーンによって管理されるオンラインデータは、プログラムで自動化された会社を作ったり、無人運転の自動車をより安全にしたり、個人情報を保護したり、さらには世界中の何十億もある物がインターネットで繋がるようになります。

このイノベーションで私たちの生活は劇的に変わるかもしれません。そしてそれは正に今始まったばかりです。